栃木県 遺品整理 アシスト

文字サイズ

遺品整理・生前整理・ゴミ回収・不動産売買の事ならアシストへ栃木県 遺品整理 アシストGK

サービス名

経験豊富なスタッフ

詳細をみる

サービス名

真心を込めたサービス

詳細をみる

サービス名

適切なプランをご提案

詳細をみる

更新情報・お知らせWhat's New

2020/03/03
2月25日に「新型コロナウイルス感染症対策本部」から現在の状況と基本方針が発表されました。 「新型コロナウイルス感染症については、これまで水際での対策を講じてきているが、ここに来て国内の複数地域で、感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、一部地域には小規模患者クラスター(集団)が把握されている状態になった。しかし、現時点では、まだ大規模な感染拡大が認められている地域があるわけではない。」 特に高齢者や疾患のある方は、十分な予防対策を行っていただきたいと思います。 NEW
2020/02/03
年齢を問わず誰にでも起る病気や事故――。万が一のことがあったとき、自分の意思を伝えたくてもできない状態になる場合もあります。ちょっと早い話だと思いますが20~30歳代の方でも、自分の思いをまとめておく『エンディングノート』を準備する人が増えているそうです。治療が難しい重病時の対応から、脳死状態になったときの延命措置、死亡した後の遺産分けの希望などを記録して、誰に助けてほしいのか、自分の財産がどこにどのような形で保管されているのかなど、残された親族や友人に向けての思いやりのノートですね。
2020/01/03
「一生懸命貯めたお金は、私に万が一のことがあったら誰のものに?」「私の介護は誰が担うのだろう?」と考える30代、40代が増えているといいます。 病気や事故などで万が一のことがあったとき、自分の意思を伝えたくてもできない状態になる場合もあります。生涯独身の比率も年々増加の傾向で「アラサー、アラフォーでも、自分の想いをまとめておく『エンディングノート』を準備する方が増えているようです。少子高齢の日本を改めて考えさせられます。
2019/12/03
「片づけられない人」は昔からいましたが、その存在が顕在化し、驚くべき勢いで急増し、内容もどんどんエスカレートしているというのが昨今の状況です。 「そのうち片づけよう」と言いながら年を取り、片づける体力やモチベーション、判断力や遂行力も低下して、人生の後半をモノに煩わされながら余生を送る方が年々増え続けていると言われています。 中年以降、モノを片づけられない人に多く見られるのが「定年後うつ」など、片づける気力が低下するのに加え、不安から目をそらし、心のすき間を埋めるために買い物依存に陥るタイプの方の中には、人生の目標を見失いセルフネグレクト(自己放任)状態から、「ゴミ屋敷」や「汚部屋」にしてしまう方も少なくありません。
2019/11/08
高齢ドライバーの事故増加により、免許返納が連日話題に上っています。 そんな中、一石を投じるデータを某大学の研究チームが公表しました。運転をやめた高齢ドライバーは、運転を続けた人に比べて「要介護」となる可能性が約2倍高くなるというのです。 自動車という便利な移動手段を失うと、活動量が減り健康度が下がることが原因です。 高齢ドライバーに限らず、運転中は細心の注意を払いハンドルを握りますが、最近の新型車は至れり尽くせりの運転支援システムが装備されており、脳トレにどこまで効果があるのかは未知数としていますが、高齢者にとってはハッキリさせてもらいたいニュースですね。
2019/10/06
依頼者様から最も多いご相談に、故人が生前撮影したと思しき写真の扱い方がございます。「写真は故人の大切な思い出」は皆様共通の認識ですが、一方「意外に場所を取る」「捨てるは忍びない」など・・・意思決定出来ない依頼者様も多くいらっしゃいます。 遺品整理アシストでは「思い出の写真」をスキャニングしてCDやDVDといったコンパクトなデジタルデータ加工も承っております。 しかし、管理するご遺族にとっても残し続けることで負担が生じるケースもございます。 写真は全て処分し、心の中に思い出のみを残したいという依頼者様もおります。 故人との繋がり方で様々なケースがございますが、遺品整理アシストは真に寄り添う対応を心掛けております。
2019/09/15
心臓が突然止まって倒れてしまう事例は、65%が自宅で起き、市街地など公共の場での場合に比べ極めて死亡率が高く、本来なら救命できるケースにもかかわらず、自動体外式除細動器(AED)はほとんど使われておらず、自宅で倒れた場合1カ月後の生存率はわずか3.4%で、大きな後遺症なく社会復帰できたのは1.4%でした。
2019/08/21
日本の出生人数は2018年の92万1000人、死亡者数は136万9000人となり、死亡数から出生数を差し引いた自然減数は44万8000人。過去最大の減少幅で、12年連続の自然減となりました。栃木県でも遺品整理に関するお問い合せが年々増加の傾向にあります。

作業事例のご紹介

サービス名